ご近所のぜいたく空間 “ 銭湯 ♨ ” アイデア サミット 

“銭湯 ♨” アイデア サミット

ご近所のぜいたく空間 “銭湯 ♨” アイデア サミット
2013年11月16日 19:30-21:30 会場:HAGISO

登壇者:
近藤ヒデノリ(クリエイティブプロデューサー)
高橋政臣(清水湯/横浜市 銭湯シェアハウス)
田中みずき(ペンキ絵師)
橋本誠(アートプロデューサー)
林丈二(著述家)
(敬称略、五十音順)
進行:栗生はるか(文京建築会ユース)



文京建築会ユースからのお誘いで、銭湯を盛り上げるためのアイデアをみんなでブレストしよう、という主旨のトークイベントに参加してきた。文京建築会ユースはその名のとおり建築畑の熱い女子たち(男子もいるのかもしれないが会ったことがない)団体で、トークメンバーを見ると、この春湯道で3331で開催した「銭湯未来会議」とも重なりつつ、路上観察学会の方や銭湯絵師の方がいたりで、会場も以前から気になっていた古い木造アパートを改装したHAGISOだったので快諾。

当日は、僕(近藤)も3331で出したアイデアをバージョンアップして参加したのだが、なかなか楽しいイベントだった。会場には、廃業したばかりの銭湯を再現した銭湯の洗い場があり、背景には銭湯絵師がライブペインティングした富士山も。これらが木造アパートを改装したHAGISOに妙にマッチしていて、文京区内のさまざまな銭湯ごとの小写真冊子もよくできていた。

そして、本題となるブレスト会議。会場には来場者からのアイデアをポストイットで貼り出した掲示板もあって、各自アイデアを出していくのだが、「銭湯は好きだけど、風呂に入るのはあまり好きじゃない(笑)」という路上観察学会・林さんが、かつて自身で銭湯マップ?をつくったほどの年期の入った銭湯好きで、さすがの面白さ。昔から商店街では銭湯の隣には理髪店があったそうで、銭湯内に再び散髪屋を入れようとか、マッサージ師やヨガの先生など交代でいるといいのではと盛り上がると、銭湯に交番も兼ねてしまえば?などなど。ほかにも、既にいくつか例がある銭湯ライブや、映画上映会、子供と一緒にシャボン玉をするなど、様々なアイデアが出ていた。

銭湯はかつて地域コミュニティーの中心の一つだったというけど、孤立化が進んだ今、改めて「裸で対話」ができるコミュニティーの場として可能性があると思う。湯道の僕らも、これまで銭湯で「湯会」をやってきたけど、招待面の人でもいきなりフリチンで会うと、一気に互いの壁はなくなり、仲良くなる。その後のビールもおいしいし、話も盛り上がる。お風呂は、銭湯は、日本が世界に誇るべき文化だと思う。

湯道でも、今年は前述の「銭湯未来会議」にはじまり、ようやくホームぺージをつくったり、福島土湯温泉で湯会をやったりでしたが、来年はまた銭湯で定期的に湯会をやっていくほか、銭湯で何か新しいことをやってみたいと思っています。今年もまた一緒にお風呂に入りましょうー。<近藤ヒデノリ>







12月21日に催された京建築会ユース主催の忘年会@千駄木の銭湯、鶴の湯におじゃましてきました。鶴の湯さんは年明けに廃業予定で今月は期間限定で再開されているそうです。

忘年会@千駄木の銭湯



文京建築会ユースは、こうして失われてゆく銭湯とその文化を記録しようとドキュメンタリー映画を制作中とのこと。クラウドファンディングで資金を集めていますので、詳しくはこちらにアクセスしてみてください。<中村ケンゴ>

映画「ご近所のぜいたく空間・銭湯」〜銭湯アーカイブと活動のドキュメンタリー〜




銭湯未来会議 @ 3331アーツ千代田

sento_mirai01

第一部:米山勇 基調レクチャー
「銭湯と街の歴史と未来:銭湯から始まるこれからのコミュニティーとくらし」

第二部:若手銭湯経営者からの銭湯の現状レポート
3つの銭湯の現状と課題についてスライドで報告

第三部:湯道未来企画の公開ブレスト会議
出演者:米山さん、銭湯経営者、中村ケンゴ(美術家)、近藤ヒデノリ(TOKYO SOURCE)、渡辺大介(CIVIC ART)ほかアーティスト、クリエイターなど

sento_mirai02

建築史家の米山勇さんによる銭湯の歴史と建築に関するレクチャー、清水湯 髙橋さん、梅の湯 栗田さん(そして飛び入り寿湯の長沼さん)による銭湯の現状レポート、ありがとうございました。
参加者のみなさんもさまざまな専門の方が来てくださって、貴重なお話を伺うこともできました。
<中村ケンゴ>

icon_guest

米山 勇 Isamu Yoneyama
建築史家。1965年東京都生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科博士後期課程修了後、日本学術振興会特別研究員、早稲田大学大学院非常勤講師、日本女子大学非常勤講師を経て、現在、東京都江戸東京博物館研究員。博士(工学)。日本近現代建築史、江戸東京の建築・都市史を専門に活躍している。日本銭湯文化協会理事。 主な著書・共著に、『銭湯検定』、『東京の近代建築』(地人書館)、『建築 MAP横浜・鎌倉』(TOTO 出版)、『痛快!ケンチク雑学王』(彰国社)、『まるごとわかる びっくり!日本ふしぎ探検百科・2 遺跡・建造物のふしぎ探検』(日本図書センター)、『けんちく体操』(X- Knowledge)など。




米山さんによる銭湯の歴史レクチャーメモより

銭湯のルーツはお寺がお風呂を解放した「施し」にあったそうです。それが、やがて庶民の憩いと娯楽の場所になっていったとか。しかも、当初は「風呂屋」といえば「蒸し風呂」。後に生まれた、湯をかけたり浸ったりする「湯屋」としばらくは区別されていたそうです。

江戸時代の銭湯といえば混浴。二階に茶室があったりと、庶民の娯楽、社交の場として機能していたそうです。建築面から見ると、明治時代はまだ普通の町屋のようだった銭湯が、大正時代になると現在でもたまに見かける宮造りなど、豪華な造りの銭湯が登場。その代表格が、以前、湯道でも湯会で訪れた北千住にある大国湯だそうです。ちなみに、関東大震災で江戸が焼け野原になったときに「まずは風呂に入れる場をつくろう!」と、北陸から多くの人が江戸の銭湯人を辿って続々開業したらしく、銭湯には復興プロジェクト的側面もあったそうです。

面白かったのが、米山さんの近代銭湯を「劇場」に見立てた話。靴を脱ぐ場所が「ホワイエ」、脱衣所が「オーディトリアム」、湯舟が「ステージ」、ペンキ絵が「背景」。最近、銭湯でライブイベントをやったりしているのも、実は意外と理にかなっているのかも。家にシャワーや風呂があるのはあたりまえになり、急速にその数が減っている町の銭湯ですが、ひょっとすると、銭湯を「劇場」であり、人の「社交場」として見直すところに、何らかヒントがあるかもしれないと思ったのでした。
<近藤ヒデノリ>

sento_mirai03





銭湯未来会議 @ 3331アーツ千代田
日時:2013年3月2日(土)13:00~16:00
場所:3331アーツ千代田
主催:湯道(千代田区まちづくりサポート助成金活動)





HOT JAPAN!

HOT JAPANのれん (RGB)


日本のカルチャーはクールなだけじゃない!
と題して代官山で行った、TOKYO SOURCEの年末フェス/忘年会。

AR三兄弟や、人工生命・複雑系研究者の池上高志さん、デザイナー李明喜さんのトーク、
写真家・小山泰介さんによる作品の2000枚のスライドショーや、
アーティスト集団Chim↑Pomや、遠藤一郎のパフォーマンスほか、
フード面では、写真家の有高唯之さん+ライターの加藤ジャンプさんらによる
HOTな日本酒の熱燗と、吉田農園、「焼きいも日和」、
アーティスト岩間賢さんの「いわま食堂」、日本茶アーティスト茂木雅世さんなど、
様々な分野の方々と、200名近くものお客さまに来ていただき、大いに盛り上がりました。

写真は(史上初?)足湯に入りながらのオープニングトークw。
HOT JAPAN!のロゴデザインとポスターはデザインユニット、SPREADによるものです。
→当日のレポートはこちらへ

HOT JAPAN





TOKYO SOURCE FESTIVAL “HOT JAPAN”
日時:日時:12月11日(土)18:00開場 18時30分開演 23時終了
場所:代官山Sedona
出演者:岩間賢(アーティスト)/遠藤一郎(未来美術家)/乙女湯(銭湯ユニット)/川田十夢(AR三兄弟 長男/未来開発プロダクション ALTERNATIVE DESIGN++主宰)/小山泰介(写真家)/Chim↑Pom(アート集団)/新野圭二郎(アーティスト)/SPREAD(デザインユニット)/茂木雅世(TSメンバーでもある日本茶アーティスト)/池上高志(人工生命・複雑系研究者) × 李明喜(matt/デザイナー)




「湯道」発足記念トークショー

湯道発足

TOKYO SOURCEのアートリップで訪れた別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」に感化され、アーティストの中村ケンゴ、新野圭二郎、TSの近藤ヒデノリと米田智彦ら4人が始めた、茶道ならぬ「湯道(YUDO)」という新しいプロジェクト。

別府から半年あまり構想をあたためてきた湯道メンバーが、ゲストに「 乙女湯のたしなみ 」の女性陣を迎え、2009年11月22日、キックオフイベントを開催しました!<近藤>





湯道(YUDO)発足記念トークショー
日時:11/22(日)Open 12:00 Start 13:00 End 15:30
場所:TOKYO CULTURE CULTURE(お台場)
ゲスト:「乙女湯のたしなみ」







Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/girlsartalk/www/yudo/wp-includes/functions.php on line 2980