My湯道具ワークショップ&街めぐり湯会


「湯道」を極めるにはまず道具から! My湯道具ワークショップ


銭湯はもちろん、家でも使える風呂桶。「東濃ヒノキ」として有名な岐阜県加子母村産の檜を使い、アーティストの中村ケンゴ指導のもと、簡単にできるステンシル技法でオリジナルデザインの「My 風呂桶」を制作します。 完成した風呂桶は、そのまま持ち帰れます! <2012年10月6日、10月14日、11月4日 会場:アーツ千代田3331 講師:中村ケンゴ(美術家、湯道メンバー)>

chiyoda_ws01


街めぐり湯会


歴史研究家、建築家、アイドルプロデューサーなど個性派ガイドによる街めぐりの後は銭湯へ。その後の宴会まで楽しむのが「湯会」です。独自の視点で見る街の魅力とお風呂、ガイド推薦のお店での宴会まで、ゆるりと楽しみましょう!

10月6日 人気漫画『JIN』の舞台、江戸神田・下谷をめぐるアースダイブツアー
ガイド:深谷眞志

「3丁目の夕日」の時代に神田駿河台に生まれる。中学時代から歴史小説に親しみ、作家吉村昭氏に出会い、 史実の重みと歴史の面白さに魅かれる。団体に勤める傍ら専門機関誌に「維新の影絵」と題した歴史エッセイの連載や、開国後近代国家へ奔走する幕府の姿を検証した講演を開催。神田錦町町会長主宰の神田スムに所属し幕末歴史ウォーキングを担当。現在、北陸建設関係機関誌にエッセイ等レギュラー出稿。「吉村昭研究会」幹事、趣味は読書、模型、旅行。

chiyoda01

10月14日 チームけんちく体操と千代田区の名建築を「けんちく体操」で体感するツアー
ガイド:チームけんちく体操

「けんちく体操」とは、身体で建物の形をまねて、建築を楽しく学ぶもの。2002年に米山勇(建築史家・ 東京都江戸東京博物館研究員)と高橋英久(江戸東京 たてもの園学芸員)が発案。2010年から田中元子 + 大西正紀 (建築系編集ユニット mosaki) が加わり、チームを結成。共に普及とワークショップの実践に取り組む。書籍の出版をきっかけに数多くのメディアで取り上げられ、全国へ展開。2012 年にはドイツでも開催した。“記念写真は「けんちく体操」で!” をモットーに多くの人に広げていきたいと考えている。

chiyoda02

11月4日 アキバのアイドルプロデューサーと、「萌え」をテーマに秋葉原の新スポットをめぐるツアー
ガイド:福嶋麻衣子(喪服ちゃん)

秋葉原で話題のアイドルがお給仕するライブ&バー『ディアステージ』や DJバー『MOGRA』の運営、アイドルのプロデュース等を行う株式会社モエ・ジャパン代表取締役。アート/ファッションと秋葉原文化の融合を積極的に行っている。また 2011年11月より、 TOY’SFACTORYと音楽レーベル『MEMETOKYO』を立ち上げ、プロデューサーに就任。アイドルユニット「でんぱ組.inc」総合プロデューサー。

chiyoda03


My湯道具ワークショップ&街めぐり湯会
日時:2012年10月6日、10月14日、11月4日
場所:3331アーツ千代田、千代田区各地域
主催:湯道(千代田区まちづくりサポート助成金活動)