第十四回 湯会レポート 湯道×由快「お風呂と整体」

みなさんこんにちは。
この度、湯道にスタッフとして初参加させていただいた小林真理と申します。

4月26日に浅草・日の出湯にて“お風呂と整体”というテーマでイベントを開催いたしましたので
遅ればせながら、その様子をレポートさせていただきます!

第十四回 湯会

毎回ユニークなテーマで湯会を開催してきた“湯道”ですが
今回は、より女性も楽しめるようお風呂と整体”という美容系テーマです。
私自身、群馬の草津で育ち、いつもお風呂が身近にあったので、
都会で“お湯”を通じたイベントができるということでワクワクしてました。

そしてイベント当日。

この日はとっても良い天気に恵まれて、ベランダからの景色も抜群

第十四回 湯会

今回先生としてお招きしたのは、整体サロン「由快」のむらはし ゆかさん。
初夏の風が心地よいテラスにて、身体の歪みやコリを心地よく正すセルフストレッチの“操体法”をレクチャーしてくださりました。

第十四回 湯会

ゆっくり呼吸をしながら身体を伸ばしていく、運動不足な人でも簡単にできるストレッチですが、終わった後は身体中の血の巡りが良くなってポカポカに♡ 
冷え性の解消はもちろん、心地よくコリがほぐれているのが分かりました。

ゆったり身体をほぐした後は、
橋本英治さん率いるケータリングチーム“ごはんとおとも”によるケータリングです

第十四回 湯会

完全無農薬の“林さんちの超普通じゃないコシヒカリ”が土鍋でふっくらと炊かれて登場しました♡

第十四回 湯会

あぁいい香り…

なんと佐賀から直送していただいたご飯のおともは

・めかぶの炒め煮
・かま鮭の明太子煎り
・おから
・茄子としその味噌あえ
・山芋とろろ

と名前だけでも2杯は軽くイケてしまいそうなおかずのラインナップ

第十四回 湯会

お風呂から上がって、土鍋で炊きたてのご飯を食べることで
参加してくださった皆さんもさらに栄養チャージできたみたいです^^

第十四回 湯会

沢山おかわりしている皆さんの姿を見ていると
母親になったような気分になっちゃったりして。(勝手に。)

第十四回 湯会

会場になった“日の出湯11階”は、終始あたたかいムードに包まれていました♡

第十四回 湯会

昔はごく当たり前のものだった
人とのホッコリとしたコミュニケーション。

スピーディに時間が流れていく毎日に自分を置いていると、
その当たり前だったものをつい忘れてしまいがちではないですか?

今回私は初参加の湯道でしたが
“湯を通じた対話への道”というテーマを深く体感ことができました。

みなさん次回も是非、裸のココロを取り戻しに
“湯道”イベントへ遊びにきてくださいね

第十四回 湯会


icon_guest

むらはしゆか(推拿整体サロン『由快』主宰)
1985年夏至生まれ。幼い頃より音楽が側にあり、ピアノ、SAX、声楽を習得。14歳で、単身フィリピンへハンセン病を知るためにボランティア活動に参加。世界には様々な環境があり、自分の五感を通して知る。しかしこの幼少期から、月経不順とのお付き合いが始まる。「身体というメディアを通して生きる」決心をして10代後半はダンスを学ぶ。音楽・演劇等の舞台で表現を経て、野外イベントなどの空間装飾、バーのママといった異種の仕事も…。昼夜逆転で再び月経不順になったおかげで、愛して欲しかった自分の身体と心に気づく。3.11 以降、ご縁で南房総の里山に農移住の経験も。 山間に住む平和活動家の家での住み込みや、乳牛酪農ヘルパーの仕事を経て研ぎすまされた私は 今も、これからも宇宙の子宮である女性と月経学を中心に身体を整え、暖めることを熱心に研究しお客さまに還元していきます!

icon_guest

ごはんとおとも
橋本英治と詫摩友彦で立ち上げたプロジェクト。
【全国には卸していないけど、その地域では有名な、「おこめ」と「おとも」を紹介する】プロジェクト。
現在はイベントとして、団体様のケータリングやクリエイターさんのイベント、自主開催イベントにて活動中。イベントでは、厳選した地方の米を「土鍋ごはん」で炊き、地方ならではの「おとも」とほうじ茶をビュッフェ形式で提供。




第十四回 湯会 湯道×由快「お風呂と整体」@日の出湯
日時:2014年4月26日(土)
会場:日の出湯
企画:小林真理






Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/girlsartalk/www/yudo/wp-includes/functions.php on line 3720