【参加者募集】別府「混浴温泉世界」ツアー 2015

2012年に好評を博した、湯道主催の別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」ツアーから3年。今回が最後の開催となる同展を体感するべく「湯道」発祥の地、別府と国東半島、大分へ。久々の湯道アートツアーを行います!

<オプションツア—も含め「満員!」となりました。募集は締め切りとさせていただいています。ありがとうございました!(9月7日現在) 詳しくは Facebook のイベントページから!


別府「混浴温泉世界」ツアー

Drop your Weapons, Let’s bathe together!
湯の道は平和に通ず!

今回のツア—の目玉は大きく3つ。前入りできる方は11日にオプショナルツアーで国東半島芸術祭常設作品を見学してから、12日に別府で全員集合。別府・鉄輪エリアのアートと温泉、地獄蒸しで「昼湯会」を堪能後、案内人に導かれて巡る予約制特別ツア—「アートゲートクルーズ」「秘密のナイトツアー」でもう一つの時空旅行を体験。最終日の13日は、オープンしたばかりの大分県立美術館(OPAM)と市内各所のトイレで開催中の「おおいたトイレンナーレ」を見学予定と、見どころ満載!

12日の滞在先は、前回大好評の日本庭園と露天風呂が魅力の和風旅館・山田別荘を丸ごと貸切!今回は、湯道家元の近藤ヒデノリと中村ケンゴに加え、「混浴温泉世界2012」事務局長を務めた林曉甫も同行してパワーアップ!
湯道ツア—ならではの、アート鑑賞の合間の「昼湯会」での「湯と瞑想」や、中村ケンゴの「スピーチバルーンワークショップ」、夜には「混浴温泉世界」総合プロデューサーの山出氏を招いての「夜湯会」など、湯を通じた対話を愉しむ趣向が盛り沢山な大人の修学旅行!

国東、別府、大分、3つの街で話題のアートスポットを巡りながら、絶品和風旅館貸切りで「精神の混浴」をゆるりと愉しむ湯道別府「混浴温泉世界」ツアーも、今回が最後の開催かも???

前回参加してくれた方も、初めての方も!
みなさまの参加をお待ちしてます〜!


ご質問、お申し込みは Facebook のイベントページから!



【湯道】別府「混浴温泉世界」ツアー



<開催日>
2015年9月12日(土)、13日(日)
(9月11日(金)オプショナルツアー:国東半島芸術祭 常設作品見学)

<募集定員>
23名(オプショナルツアー:10名含む)

<現地集合・解散> 
11日 国東オプショナルツアーから参加:
午前10時に大分空港出口で集合
12日 別府から参加:
午前10時に別府駅前集合
13日 希望時間に順次解散(大分駅よりバスまたはソニック/大分空港など)

<予算>
9月12日(土)、13日(日)
別府から参加の方:25000円/人
(1泊2日 宿泊費、朝/昼/夕食費、アートゲートクルーズチケット、大分県立美術館OPAMチケット、タクシー・バス・電車での移動費が含まれます)

9月11日(金)〜 13日(日)(国東オプショナルツアー)
国東から参加の方:37000円/人
(2泊3日 宿泊費、朝/昼/夕食費、アートゲートクルーズチケット、大分県立美術館OPAMチケット、レンタカー・タクシー・バス・電車での移動費が含まれます/1泊目の夕食代は含まれません)

<旅程(予定)>
9月11日(金)(国東オプショナルツアー/10名)
10:00 大分空港集合
「国東半島芸術祭」常設作品見学 → 大分空港-別府移動 → 夕食、フリータイム
(宿泊先:ホテルニューツルタ

9月12日(土)
10:00 別府駅集合/チェックインして鉄輪エリアへ  
昼湯会 → アート散策 → 別府「アートゲートクルーズ」 → 夕食 → 別府「秘密のナイトツアー」 → 「混浴」湯会  
(宿泊:山田別荘

13日(日)
いちのいで湯へ → 昼食 → 大分県立美術館&大分トイレンナーレ後、フリータイム
希望時間に順次解散(大分駅よりバスまたはソニック/大分空港など)。

<協力>
BEPPU PROJECT、山田別荘、ホテルニューツルタ

<主催>
湯道

東京からの参加を考えているみなさまへフライト情報


12日(土) 東京から大分へ
ソラシド(SNA 089)6:40羽田発 8:15大分着
13日(日) 大分から東京へ
ソラシド(SNA 094) 19:55大分発 21:30羽田着
ジェットスターJQ 20:00大分発 21:40成田着
※当ツア—は現地集合解散です。フライトはお早めの予約を!
※ちなみに大分空港のお寿司屋さんはたいへん美味とのことです!


ご質問、お申し込みは Facebook のイベントページから!


<湯道別府ツアー主催者プロフィール>

face_hide

近藤 ヒデノリ Hidenori Kondo
クリエイティブディレクター、編集者、湯人。博報堂でCMプランナーを経て、NYの大学院で現代アートと写真を学び、9.11直前に帰国後に復職。近年は「いろはす」「ヤフオク」「水と土の芸術祭」などの広告/広報ほか、個人として「TOKYO SOURCE」や別府現代芸術祭「混浴温泉世界」カタログ、湯道の活動、『都会からはじまる新しい生き方のデザイン/URBAN PERMACULTURE GUIDE』の編集・出版ほか、自宅兼シェアスペース、KYODO HOUSEでの催しなど「Art of Living」をテーマに公私混浴中。
http://hidekon.hatenablog.com/

face_kengo

中村 ケンゴ Kengo Nakamura
美術家。現代社会から美術史まで、様々なモチーフを用いたユニークな絵画を制作。国内外の展覧会、アートフェアに多数出品。さまざまアートプロジェクト、シンポジウム、ワークショップなどの企画運営にもあたる。2009年、別府で開催された現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」と、日本神話の天孫降臨の地、高千穂を巡るツアーの中で、<湯道>の創立に関わる。
http://www.nakamurakengo.com/

face_hayashi

林 曉甫 Hayashi Akio
特定非営利活動法人インビジブル マネージング・ディレクター
NPO法人BEPPU PROJECTにて、文化芸術を通じた地域活性化や観光振興に携わり、2015年7月に特定非営利活動法人インビジブルを設立。別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界2012」事務局長(2012,大分)、六本木アートナイトプログラムディレクター(2014, 2015, 東京)、鳥取藝住祭2014総合ディレクター(2014, 鳥取)

face_ichikawa

市川 靖子 Yasuko Ichikawa
多摩美術大学大学院芸術学専攻修了。ART@AGNESアートフェア事務局代表(2006-2009)。あいちトリエンナーレ2010、アートフェア東京(2011-2015)、ヨコハマトリエンナーレ2011などで国内外広報を担当。ほか、十和田奥入瀬芸術祭、国東半島芸術祭、代官山フォトフェア、混浴温泉世界2015など。PRマフィアとして活動中。



ご質問、お申し込みは Facebook のイベントページから!


前回2012年のツアーの模様は ↓こちらでご覧いただけます

beppu000

別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」

国東半島芸術祭

大分県立美術館(OPAM)

おおいたトイレンナーレ




Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/girlsartalk/www/yudo/wp-includes/functions.php on line 3720