Notice: Undefined index: nf0b08a in /home/girlsartalk/www/yudo/wp-content/themes/yudo/page.php on line 1
湯道 YUDO » 湯道とは?

湯道とは?

湯道(YUDO)とは「湯を通じた対話への道」であり、遊びであり、湯会、湯道具を含めた総合文化活動です。私たちは湯とアートの融合を通じて、未来に向けた風呂文化とコミュニティーを作っていきたいと思っています。湯に入ってリラックスしてゆるりと楽しむのが湯道の流儀です。お風呂好き、アート好き、美味しいもの好きなら気軽にご参加ください!

湯道とは_へびん湯

湯道発祥の地、別府の秘湯「へびん湯」


♨ 活動理念


湯道の合い言葉は「Drop Your Weapons, let’s bathe together. 武器を捨てよ、ともに風呂に入ろう」です。私たちは様々な人が違いを越えて一緒にお風呂に入ることが広まっていけば、やがては世界の平和につながると信じています。


♨ 発端


湯道は、2009年に別府で開催された現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」を訪れた一行と主催者による「様々な違いをもった人が、裸で一緒にお風呂に入ることが広まっていけば、世界はもっと平和になるんじゃないか?」という気づきから生まれました。湯道発祥の地である別府で2年に一度開催されるフェスティバルへの湯道ツアーは、湯道のハイライトの一つです。


♨ 運営メンバー


face_hide

近藤ヒデノリ Hidenori Kondo
クリエイティブプロデューサー/TOKYO SOURCE 編集長。某広告代理店にて様々な企業のCMやコミュニケーションを企画する傍ら、個人としてウェブマガジン「TOKYO SOURCE」や雑誌の編集、旅企画「cultra」や様々な展示、イベント企画などを行っている。別府のアートフェス「混浴温泉世界」に行って以来温泉にはまり、今もほぼ毎週末は近所の銭湯に行く温泉好きに。泉質どうこうよりも、露天風呂好き。
http://www.tokyo-source.com | Facebook | Twitter

face_kengo

中村ケンゴ Kengo Nakamura
美術家。現代社会を表象するモチーフを用いたユニークな絵画を制作。国内外の展覧会、アートフェアに多数出品。他ジャンルのクリエイターとのコラボレーションのほか、さまざまアートプロジェクト、 シンポジウム、ワークショップなどの企画運営にもあたる。
2009年、別府で開催された現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」と、日本神話の天孫降臨の地、高千穂を巡るツアーの中で、<湯道>の創立に関わる。
http://www.nakamurakengo.com/ | Facebook | Twitter

face_watanabe

渡辺大介 Daisuke Watanabe
法律業の傍ら、アートや、メディア、男性美容などいろいろな事業立ち上げを行うスタートアップ中毒者。銭湯とのかかわりは、大学時代京都で風呂なしアパートに住んだことかから。アパートの隣が銭湯という好立地のため、非常にQOLが向上。それ以来、ユニットバスよりは銭湯の近い風呂なし物件を転々としておりました。
最近よくするのは、友人と飲む前か後に銭湯に行くこと。銭湯で裸の付き合いすると、仲良くなるスピードが早い気がします。
好きな温泉地は、別府、諏訪、万座。お湯が、人との縁を作ってくれました。
景観のよい露天風呂、少しぬるめのにごり湯が好み。
http://tuning-homme.com/ | Facebook


♨ お問い合わせ


湯道に関する、お問い合わせ、取材等のご依頼は、info(アットマーク)yudo-arts.com まで。